Entries

霜山徳爾の言葉

病む者は回復を願い、弱い人間は健康を求める。きわめて自然なことである。現代の医療もこれを当然とし、そのヒューマニズムもこれを基盤とする。それはそれでよい。しかし人間性はそれほど単純だろうか。 霜山徳爾『人間へのまなざし』中公叢書、1977、p,8...

バレンタイン・デ・スーザの言葉

毎日の出来事をそのまま味わうこと。日々の生活の中で神様と出会うこと。これが大切です。 バレンタイン・デ・スーザ『神様は私たちと共にいる』ドン・ボスコ社、p,15...

ティリッヒの言葉

勇気とは「それにもかかわらず」自己自身を肯定することである。すなわち自己自身を肯定することを妨げようとするものに抗して、それにもかかわらず自己を肯定することである。 パウル・ティリッヒ『生きる勇気』平凡社ライブラリー、1995、p.56...

ユングの言葉

 現代という時代は浅はかにも、数の大きさや組織の大きさでものを考えることしか知らない。しかも規律のよくいき渡った群集が、一人の狂った人間の手に落ちたらどういうことになるかは、世界中の人間が見すぎるほど見たではないか。そう思いたいものである。ところが残念にも、この洞察がこれまでのところまるで浸透していないのは、危いことと言わざるをえない。人びとはいまだに喜々として、集団行動こそが救いをもたらすという...

内村鑑三の言葉5

 私は断言して憚りません、私が今日我国にあるキリスト教会なるものに出入せざるの理由は私が寄席や劇場に一切出入致さないと同一の理由でございます、即ち今の教会なるものは道徳的に私を害するものと信ずるからであります。 内村鑑三『宗教談義』岩波文庫、p.11...

Appendix

プロフィール

EMI Takashi(ヒソカ)

Author:EMI Takashi(ヒソカ)
 2005年に神経性疾患を発病し、体調記録をつけるためにブログを始めました。そして、読書能力の回復に伴って、本のレビューを書くようになったものの、最近は時間を作れず、やや休止中でございます。

 2017年3月末に5年勤めた出版社を辞め、4月から同じ宗教法人の他部局で働くようになりました。仕事そのものは、相変わらず楽しい。

 このブログでは、「扉の開いた」言葉を求めつつ、この世界に生きる一人の人間として疑問に思うことを考察していきます。

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: