Entries

スポンサーサイト

回せ、賢者のプロペラを!

 平沢進御大の「賢者のプロペラ」です。 これを聞くと、世界の雄大さを思い出します。 世界はおっきいな~って。 念のために言いますが、アヤシイ音楽ではないですよ。...

『斜めから見る 大衆文化を通してラカン理論へ』

斜めから見る―大衆文化を通してラカン理論へ(1995/06)スラヴォイ ジジェク商品詳細を見る スラヴォイ・ジジェク(鈴木晶訳)『斜めから見る 大衆文化を通してラカン理論へ』青土社、1995(1991) 著者が本書においてやろうとしていることは、「はじめに」で著者自身が述べている。ジジェクは、ベンヤミンがかつて推奨した生産的でしかも価値転倒的な理論的作業を試みようとしている。つまり、ある文化が生んだ最も高次元な精神的所...

『賢い身体 バカな身体』

賢い身体 バカな身体(2008/02/15)桜井 章一、甲野 善紀 他商品詳細を見る 桜井章一・甲野善紀『賢い身体 バカな身体』講談社、2008 20年間麻雀の「代打」として超絶的な強さで無敗伝説を打ちたてた桜井氏と、失われた精妙な古武術の術理を探求している武術家・甲野氏との対談である。タイトルが示唆するように、身体がキーワードである。そこから日本社会を見るとどう見えるか。  「頭を使って考えよ」というのはよく言われるこ...

松岡正剛の言葉2

 編集もオリジナリティにこだわらない。むしろ何がオリジナリティかを疑っている。だいいち、オリジナリティなど信奉していたら、編集は一歩も前に進まない。 松岡正剛『知の編集術』講談社現代新書、2000、p,210...

ジン、ジン、ジンギスカーン♪

 「ジンギスカン」の歌は有名で、多くの方がご存知でしょう。 まずは大元のバージョン。 しかも、これに日本語歌詞をつけたものがあるのを知りました。 歌っているのは、レニングランド・カウボーイズという、ロシアとは縁もユカリもない、北欧フィンランドの奇妙なグループです。 これがとても笑えるので、こちらもご覧下さい。併せて歌詞もつけます。馬にまたがり 大地を駆ける 鋭い眼差し その名はジンギスカン 風を起こ...

Appendix

プロフィール

EMI Takashi(ヒソカ)

Author:EMI Takashi(ヒソカ)
2005年に神経性疾患を発病し、体調記録をつけるためにブログを始めました。そして、読書能力の回復に伴って、本のレビューを書くようになったものの、最近は時間を作れず、やや休止中でございます。

 数年前、出版社で働くようになりました。仕事そのものが面白く、その都度自分で課題を見つけて解決するというプロセスが楽しい。
 このブログでは、「扉の開いた」言葉を求めつつ、この世界に生きる一人の人間としてキリスト教・世界に対して疑問に思うことを考察していきます。単に評論家的な批評をするのではなく、自分でできることを示せるような、自分の持ち場に立った言葉を紡いでいきたいです。

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。