Entries

スポンサーサイト

森有正の言葉7

必要なことは、耐えること、自分に耐えぬくこと、ただそれだけである。 森有正『森有正エッセー集成1』ちくま学芸文庫、1999、p,212...

塩野七生の言葉

簡単にいかないことはすべて口にしない、なんてかたいことを言いはじめると、面白きことなき世の中、いつまでたっても面白くならない。 塩野七生『男たちへ』文藝春秋、1993、p,136...

レヴィナスの言葉19

思想は、堆積物と言われるものによって築かれるのだ。ユダヤ人であること、それはパリサイびととその師たちの知性を信じることである。タルムードの知性を通じて、聖書の信仰へいたることである。 エマニュエル・レヴィナス『困難な自由[増補版・定本全訳]』法政大学出版局、2008(1976)、p,182...

ヘッシェルの言葉7

内的自由は霊的忘我、すなわちあらゆる利害と利己主義を超えている状態である。内的自由は魂の奇跡だ。 エイブラハム・ジョシュア・ヘッシェル『人は独りではない』教文館、1998(1951)、p.148...

クンデラの言葉2

道徳的判断を中断すること、それは小説の不道徳性なのではなく、それこそが小説の道徳なのである。 ミラン・クンデラ(西永良成訳)『裏切られた遺言』集英社、1994(1993)、p,14...

Appendix

プロフィール

EMI Takashi(ヒソカ)

Author:EMI Takashi(ヒソカ)
2005年に神経性疾患を発病し、体調記録をつけるためにブログを始めました。そして、読書能力の回復に伴って、本のレビューを書くようになったものの、最近は時間を作れず、やや休止中でございます。

 数年前、出版社で働くようになりました。仕事そのものが面白く、その都度自分で課題を見つけて解決するというプロセスが楽しい。
 このブログでは、「扉の開いた」言葉を求めつつ、この世界に生きる一人の人間としてキリスト教・世界に対して疑問に思うことを考察していきます。単に評論家的な批評をするのではなく、自分でできることを示せるような、自分の持ち場に立った言葉を紡いでいきたいです。

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。