Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://takashidokoka.blog118.fc2.com/tb.php/1299-10af1b34

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「ハレルヤ」 by ラムシュタイン

 ドイツ語で歌うドイツのロックバンド・RAMMSTEIN(ラムシュタイン)の「Hallelujah(ハレルヤ)」をご紹介します。

 これは、アルバム「Mutter(ムッター=母)」のボーナストラックとして入っているものです。




ドイツ語の歌詞と日本語訳を記しておきます。

Er ist fromm und sehr sensibel
An seiner Wand ein Bild des Herrn
er wischt die Flecken von der Bibel
Das Abendmahl verteilt er gern

Er liebt die Knaben aus dem Chor
Sie halten ihre Seelen rein
Doch Sorge macht ihm der Tenor
So muss er ihm am nachsten sein

Auf seinem Nachttisch still und stumm
ein Bild des Herrn er dreht es langsam um

Wenn die Turmuhr zweimal schlagt
Halleluja
Faltet er die Hande zum Gebet
Halleluja
Er ist ohne Weib geblieben
Halleluja
So muss er seinen Nachsten lieben
Halleluja

Der Junge Mann darf bei ihm bleiben
Die Sunde nistet uberm Bein
So hilft er gern sie auszutreiben
Bei Musik und Kerzenschein

Wenn die Turmuhr zweimal schlagt
Halleluja
Faltet er die Hande zum Gebet
Halleluja
Er ist ohne Weib geblieben
Halleluja
So muss er seinen Nachsten lieben
Halleluja

Wenn die Turmuhr zweimal schlagt
Halleluja
Nimmt er den Jungen ins Gebet
Halleluja
Er ist der wahre Christ
Halleluja
und weis, was Nachstenliebe ist
Halleluja

Dreh dich langsam um!
Dreh dich um!


Halleluja - translation(日本語)

彼は信心深く 繊細で
主の写真を壁に飾り
聖書のしみをふき取る
彼の魅力的な交流

彼は聖歌隊の少年たちを愛する
彼らの心は純粋なまま
けれども テノールは彼を心配させる
それは彼に最も近い存在

ナイトスタンドの上には 無言の主の写真
彼はゆっくりと 写真の向きを変える

教会の時計が2度 時を打つとき
ハレルヤ
彼は祈りのために 手を組みあわせる
ハレルヤ
彼には妻がいなかった
ハレルヤ
彼は隣人を愛さななければいけない
ハレルヤ

青年は彼の部屋に泊まることを許される
罪は足の上にぴったりと重なり
彼は喜んでそれらを救う
音楽とキャンドルライトで

教会の時計が2度 時を打つとき
ハレルヤ
彼は祈りのために 手を組みあわせる
ハレルヤ
彼には妻がいなかった
ハレルヤ
彼は隣人を愛さなければいけない
ハレルヤ

教会の時計が2度 時を打つとき
ハレルヤ
彼は少年を礼拝に連れて行く
ハレルヤ
彼は真のキリスト教徒
ハレルヤ
そして慈愛が何であるかを知っている
ハレルヤ

ゆっくりと向きを変えて
向きを変えて
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://takashidokoka.blog118.fc2.com/tb.php/1299-10af1b34

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

EMI Takashi(ヒソカ)

Author:EMI Takashi(ヒソカ)
2005年に神経性疾患を発病し、体調記録をつけるためにブログを始めました。そして、読書能力の回復に伴って、本のレビューを書くようになったものの、最近は時間を作れず、やや休止中でございます。

 数年前、出版社で働くようになりました。仕事そのものが面白く、その都度自分で課題を見つけて解決するというプロセスが楽しい。
 このブログでは、「扉の開いた」言葉を求めつつ、この世界に生きる一人の人間としてキリスト教・世界に対して疑問に思うことを考察していきます。単に評論家的な批評をするのではなく、自分でできることを示せるような、自分の持ち場に立った言葉を紡いでいきたいです。

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。