Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://takashidokoka.blog118.fc2.com/tb.php/1437-402e97d6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

『恋する原発』

恋する原発恋する原発
(2011/11/18)
高橋 源一郎

商品詳細を見る


 高橋源一郎『恋する原発』講談社、2011

 この本はとんでもない問題作です。脳天を揺さぶられる。あまりのばかばかしさに爆笑させられる。こんなことまで言っていいのかとおろおろさせられる。おろおろするのです。

 粗筋は、AV監督がチャリティAVを撮って世界を救うという話です(ビバ!AV的民主主義。ここに真の民主主義とヤスクニがある)。ばかばかしい。そんなのあるわけない。そう思って、粗筋を聴いた時点で投げ出したくなる人がいるでしょう。あまりのあからさまな表現に激怒する方もいるかもしれません。ですから、一つだけ予告しておきます。投げ出すのは200頁以降を読むまで待って下さい。しかし、そこまで読んだらあとは最後まで行くしかなくなります。行って行ってイクのです。

 最初にこう書いてあります、「いうまでもないことだが、これは完全なフィクションである。もし、一部分であれ、現実に似ているとしても、それは偶然にすぎない。そもそも、ここに書かれていることが、ほんの僅かでも、現実に起こりうると思ったとしたら、そりゃ、あんたの頭がおかしいからだ。 こんな狂った世界があるわけないじゃないか。すぐに、精神科に行け!いま、すぐ!それが、おれにできる、唯一のアドヴァイスだ。」と。

 作者はおそらく本当はこう言いたかったのです、「あんたの頭がおかしいか、それとも世界がおかしいか、その狭間で揺れ動け」と。というのも、どちらか一方が狂っているのはよくある話だからです。そんなありきたりの話を、今この時に作者が書くわけがありません。ばかばかしいのは見かけだけで、タイトル、構成、中にある文学論、全て緻密に計算されたものです。それでいながら、アドリブを繰り出しているように見える。まさに、美学的概念のスプレッツァトゥーラ(sprezzatura)、つまり「計算された無頓着さ」です。作者に満腔の敬意を表します。

 一つだけ注意をします。食事中に片手間に読むのだけは決してお勧めしません。
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://takashidokoka.blog118.fc2.com/tb.php/1437-402e97d6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

EMI Takashi(ヒソカ)

Author:EMI Takashi(ヒソカ)
 2005年に神経性疾患を発病し、体調記録をつけるためにブログを始めました。そして、読書能力の回復に伴って、本のレビューを書くようになったものの、最近は時間を作れず、やや休止中でございます。

 2017年3月末に5年勤めた出版社を辞め、4月から同じ宗教法人の他部局で働くようになりました。仕事そのものは、相変わらず楽しい。

 このブログでは、「扉の開いた」言葉を求めつつ、この世界に生きる一人の人間として疑問に思うことを考察していきます。

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。