Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://takashidokoka.blog118.fc2.com/tb.php/1486-e0a7ac5e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

(修正版)2011年読んだ本ベスト10

 12月23日に今年読んだ本のベスト10をお見せしましたが、その後にまたいくつか読んで、いい本がありましたので、修正版をアップロードします。 
 ルジャンドルの本を抜かすと、2010年と2011年に出た本が半々というところですね。
 読み終わった順番に並べます。


△デイヴィッド・バットストーン『告発・現代の人身売買 奴隷にされる女性と子ども』朝日新聞出版、2010
△佐々木中『切りとれ、あの祈る手を <本>と<革命>をめぐる五つの夜話』河出書房新社、2010
△本田哲郎『聖書を発見する』岩波書店、2010
△大野更紗『困ってるひと』ポプラ社、2011
△ピエール・ルジャンドル『西洋が西洋について見ないでいること――法・言語・イメージ』以文社、2004
△マルコス・アギニス『逆さの十字架』作品社、2011
△小松裕『真の文明は人を殺さず』小学館、2011
△柴崎聰『石原吉郎 詩文学の核心』新教出版社、2011
△佐々木中『定本 夜戦と永遠 (上・下)』河出文庫、2011
△高橋源一郎『恋する原発』講談社、2011
△ジョナサン・トーゴヴニク『ルワンダ ジェノサイドから生まれて』赤々舎、2010
△上村静『旧約聖書と新約聖書』新教出版社、2011
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://takashidokoka.blog118.fc2.com/tb.php/1486-e0a7ac5e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

EMI Takashi(ヒソカ)

Author:EMI Takashi(ヒソカ)
2005年に神経性疾患を発病し、体調記録をつけるためにブログを始めました。そして、読書能力の回復に伴って、本のレビューを書くようになったものの、最近は時間を作れず、やや休止中でございます。

 数年前、出版社で働くようになりました。仕事そのものが面白く、その都度自分で課題を見つけて解決するというプロセスが楽しい。
 このブログでは、「扉の開いた」言葉を求めつつ、この世界に生きる一人の人間としてキリスト教・世界に対して疑問に思うことを考察していきます。単に評論家的な批評をするのではなく、自分でできることを示せるような、自分の持ち場に立った言葉を紡いでいきたいです。

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。