Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://takashidokoka.blog118.fc2.com/tb.php/1546-99a6c5ec

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

私の身体訓練法

 私は2005年から神経性疾患を患うようになりました。

 全身のあちこちに神経痛が出て、ひどい時には耐え難い痛みが出ました。また、不眠、日中の強い眠気、毎日悪夢を見るといったこともありました。

 今はかなりよくなり、時々神経痛が出るぐらいです。ただ、いい夢はほとんど見なくなりました。

 眠って過ごす時期が長かったので、体力・筋力がかなり低下しています。

 2009年頃、今の教会に所属を移してからは、日曜の一日を教会で過ごすと、翌月曜はずっと横になっているというぐらい体力がなく、疲れやすかったです。

 何とか体力・筋力の向上を行おうとしたものの、諸事情もあり、ジムに定期的に通うことがむずかしくなり、持続的に体力・筋力の向上を行うことができませんでした。

 何とか体力・筋力をつけたいと思いつつ、模索を続け、ある時、『疲れない体をつくる 「和」の身体作法』という本を見つけました。

 著者は能楽師の安田登さん。

 安田さんの本を数冊読み、そこに書いてあった、下半身のインナーマッスルを活性化させる技法を試すようになりました。

 能のスリ足や、台の上に乗ってゆっくり足を振る「足振り」という技法です。

 その他に、相撲の四股とテッポウと腰割、フェルデンクライス・メソッドなど、友人の助言も得て、いくつかの身体運用技法を実践してきました。

 それらに加えて、去年、ヨガ行者の成瀬雅春先生の『呼吸法の極意』(BABジャパン)にある呼吸法も試すようになりました。

 これらは、全て、低下した身体機能の向上のためのものです。

 いきなり筋トレは無理でしたから、まずは疲れにくい身体運用法を模索しました。

 いろいろやってみて、身体のあちこちに不必要に力が入っていること、身体の特定の部分、膝や肩や腰に疲労が蓄積しやすい身体運用をこれまでしてきたことに気付きました。

 全ての技法に共通するのは自分のペースでできること、数値目標に一喜一憂せずにすむこと、身体に注意深くなれば、その都度新しい発見があることです。

 身体の使い方は、わかっているようでわかっていないものです。

 これらの技法は、単に体調回復のためばかりでなく、聖歌隊で、より適切に声を出すにはどうするか、瞬時に突発的なことに対応するにはどうするかといったことも考えて、実践しています。楽器演奏にも役立っています。

 自分でやって確かな成果があったものについては、日記や読書メモなどで、紹介しています。元々私が開発したものではないし、いいものですから、多くの人にシェアするのは当然です。

 何でもそうですけれど、楽しんでやることの方が続けやすいのです。

 また、体を丈夫にする方法は一つではありません。たくさんあります。
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://takashidokoka.blog118.fc2.com/tb.php/1546-99a6c5ec

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

EMI Takashi(ヒソカ)

Author:EMI Takashi(ヒソカ)
2005年に神経性疾患を発病し、体調記録をつけるためにブログを始めました。そして、読書能力の回復に伴って、本のレビューを書くようになったものの、最近は時間を作れず、やや休止中でございます。

 数年前、出版社で働くようになりました。仕事そのものが面白く、その都度自分で課題を見つけて解決するというプロセスが楽しい。
 このブログでは、「扉の開いた」言葉を求めつつ、この世界に生きる一人の人間としてキリスト教・世界に対して疑問に思うことを考察していきます。単に評論家的な批評をするのではなく、自分でできることを示せるような、自分の持ち場に立った言葉を紡いでいきたいです。

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。