Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年の目標

 新年明けましておめでとうございます。
 皆様、昨年のご愛顧、まことに感謝申し上げます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 昨年2013年の目標は「ゆっくりでも低空飛行」でした。
 2012年3月末から小さな出版社で働き始め、風邪で計3日休んでしまいましたが、一年9カ月出勤できましたことを感謝しております。
 2009年頃の状態と比較すると、今の状態は奇跡です。
 大筋としては、2014年の目標も「ゆっくりでも低空飛行」です。頑健な体ではないので。


 またこういうことをしていこうと考えています。
・他者の不可視の涙に気づく
・出会いをサクラメントにする
・自分の中にいる老人・老婆の声に耳を澄ます、あるいは自分の井戸を掘る

 不可視のものを大事にするという共通点があります。
 自分を無化し、沈黙の内に聴こえてくる声に耳を澄ますことで開けてくる、見えてくる何かがあると予感しています。

 長期にわたって目指す方向として、許せる人間に成る、というのを掲げたい。もしかすると一生かかる課題かもしれません。

 社会的に大きな仕事や業績を成し遂げたいという意欲は、今のところありません。そういう意味ではつまらない人間でしょう。もっとも、大きいか小さいかはこの世的、人間的な物差しです。そのことに自分で納得して集中できれば、周りの評価はどうでもいいのです。
 大きな声にかけ消されてしまういろんな声を丁寧に聴く、判断したり諭したりするのではなく、ただ聴く、それを丁寧にしていきたい。それが、他者の不可視の涙に気づくことや、自分の中にいる人類の声に耳を澄ますことにつながるでしょうし、出会いをサクラメントなものにするのを助けていくでしょう。
 少しずつ、心の掃除もしていきたい。

 なかなか文章を書く時間を作れませんが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

EMI Takashi(ヒソカ)

Author:EMI Takashi(ヒソカ)
2005年に神経性疾患を発病し、体調記録をつけるためにブログを始めました。そして、読書能力の回復に伴って、本のレビューを書くようになったものの、最近は時間を作れず、やや休止中でございます。

 数年前、出版社で働くようになりました。仕事そのものが面白く、その都度自分で課題を見つけて解決するというプロセスが楽しい。
 このブログでは、「扉の開いた」言葉を求めつつ、この世界に生きる一人の人間としてキリスト教・世界に対して疑問に思うことを考察していきます。単に評論家的な批評をするのではなく、自分でできることを示せるような、自分の持ち場に立った言葉を紡いでいきたいです。

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。